Category Archives: 日記

文章を書く

グーテンターク!こんにちは!こめだです!
毎日書くって宣言したからね。

文章がうまくなりたいと思ったのは、特に作家になりたいとか言うわけではなく、最近、「伝わらないなあ……」と感じることが多くなってきてて、理由のひとつとして、自分の言いたいことが上手く伝えられてないのではないか。と考えたからなのです。仮説として。

まあ、なれるものなら作家になって、エッセイとか短編小説とかで世の中を楽しませられたら、それはそれで嬉しいですけど。子供のときからの夢のひとつでもあるし。

で、どんなことでも、準備とか練習とか必要なわけで、こうして毎日書くことで練習にならないかと思ったのです。
ただ、練習にもやっぱり目的を持たないとやみくもにやったところで、駄文を連ねるだけなので、最低限のルールみたいなものを決めておきたいなあと考えています。

ひとつは、できる限り考えたことを書くこと。
もうひとつは、読み手がイメージしやすい描写を使うこと。
最後に、書きすぎないこと。読み手の想像力の邪魔をしないような表現にしたい。と思ってます。

さらに条件として

  • 1時間以内に書き終える
  • 22時までに書き上げる

ということを制限として考えてます。現実問題として、日々忙しいからね。アマチュアだし、楽しんで書ける精一杯のところで、こんなところが落としどころじゃないかなあ。と思うのです。

他にも自分なりのこだわりがいくつかあるけど、本当は。略語・専門用語は避けるとか。

どちらにせよ、毎日こんな風に何かしら書き続けていったら、何かあるんじゃないか、何か起きたら面白いのになあと思うのです。
もちろん、以前の様に活動報告も書いていきますよ。
もうちょっと条件をまとめた方が良かったかも。

オイル交換

ボナセーラ トゥッティ!(挨拶)
キッテルがすごいなあ。ジロの話。

毎日書く練習。

今日は雨がシトシト降ってたり、咳が止まらなくて病院に行ったり、少しも捗らなかったので、ガソリンを入れるついでにエンジンオイルも足しとこうと思ってガソリンスタンドに行った。
僕としてはらしくもなく、言われるがままにオイル交換+エアコンガス交換してしまった・・・・・・。当初計画していたより4倍くらいの出費になってしまった。
きっと雨のせいだ。少し気分がふさぎがちになっていたからだ。もうそういうことにしてしまおう。
でも、雨で自転車に乗れなかったり、散歩に行く気が乗らなかったりすると、オイル交換に行くのは良いですよ。僕は半年に1回くらい雨の休日にオイル交換に行くことにしている。ぽっかりと20~30分くらい時間ができて、何も考えなくて良いし。資金繰りが懸念だけど。そうするともうそのことばっかり考えてしまうんだけど。

オイル交換は前回から半年以上経ってたけど、まだ2,000kmくらいしか走ってなくて、軽く悩んだけどやっといた。
しかしエアコンガスなんて、クルマ買ってから始めて交換したかもしれない。100gくらい減ってるって言われてもどれだけ性能に効くのか分からないよ・・・・・・。あんまりエアコン付けないし。定格500gのところを400gしか入ってないって言われたんだ(この辺があやふや)。

でも、夏場の燃費の悪さは冷却効率が落ちてるってことなんだろうか。やって良かったのかどうか、結構な費用がかかったけど効果が実感できるのはまだまだ外気温が25℃を超えてくるこれからだろうなあ。
どちらにせよ古いクルマなのでいろいろ金がかかってくるのは仕方が無いのかな。そのうちエンジンもオーバーホールしたいし。オイル上がりか下がりかそんな感じだし。
とりあえず次のオイル交換は半年後。今度はエレメントも交換する予定。
いつまで元気よく走ってくれるものか・・・・・・。週に300km、年間10,000km程走るので、もうすぐ15万kmだし、15年だし。来年車検もあるし、クルマはやっぱり金食い虫だなあ。

ガソリンスタンドって「GS」って省略するけど、コレではガスステーションって勘違いするよなあ。意味は同じだけど。

三日坊主

書けなかったのではない。
書かなかったのだ。

ツール・ド・フランスをご存知だろうか。
3週間かけてフランス全土を一周する世界最高峰の自転車ロードレースだ。
3週間の走行距離は3,000kmを超える。そんな過酷なレースを走り通すレーサー達は、体力・技能だけでなく、休息も非常に上手に、計画的に、戦略的に取り入れている。

長丁場を走り切るには、継続するには、時折オフの時間をとることがとても重要なのだ。
上手く言い訳出来ただろうか。

本当は昨夜、晩酌にビールを2杯飲んで、ほろ酔いだったのでブログのことなどアタマからぽっかりと抜けてしまっていたのだった。
たまにはこういうリフレッシュも必要だろう?
「人生は長いのさ。本当のゴールはまだまだ先さ。僕らはもっと楽しむべきさ。」(なんかツールのゴール後のインタビューで言いそうな感じ)

毎日書いたるわい

毎日書く二日目。

カラダの調子が悪いので会社の帰りに病院に行く。
待ってる間がとても長くて暇なのでなんか書いてみる。
いきなりカラダが悪くなったわけでは無いけど、毎日毎日よくこれだけ不具合が降りかかって来るもんだ。やれやれ(春樹風)。
しかし、エンジニアを生業としている以上、不具合とは縁が切れそうもない。
家もカラダもまあまあ古くなってきてあちこちガタが来てるし、そのうえ乗ってるクルマも古いので、オイル上がりがひどくなってきて、まるで2ストロークのオートバイのようだ(排気量もだいたい同じ)。
さらにカラダだけでなく、アタマも悪いので本当に困ったものだ。
でも、まだまだポンコツでも動かせるアタマとカラダがあるし、クルマも壊れることなく動いてる。なかなか幸せなことじゃないだろうか。ほどほどに健康でこうやって文章も自由に書ける。けっこうやない。

毎日なんか書いてみる

眠れないので。

毎日なんか書いてみるとそのうち文章がうまくなるのかなと思って。
村上春樹がデビュー前に毎日1時間と決めて何か書くように習慣にしていたらしい。
そんなに時間はかけられないので、もう少しカジュアルに書けるだけ書いてみよう。

今日はトイレのタンクと水栓をつなぐナットから水漏れしてると妻からクレームが。
こないだ、タンク内のオーバーフロー管が根元からポッキリ折れて水が貯まらなくなったので自分で部品買ってきて交換・修繕したのだった。
そん時に締めが甘かったのか、パッキンが古くなったのか水が滴り落ちて4~5日で30~40ml漏れてたみたい(ここら辺の数字はあやふや)。
とりあえず増し締めして漏れなくなったと思いきや、締めた拍子に、フロートが連れ回って、タンクの内壁に干渉して水が貯まらなくなってしまった。
凡ミス。
もう一回緩め直して、微調整。
なんとか事なきを得た。
様子見でパッキン交換するかもしれない。

水栓レンチ買おうかな。
ウォーターポンププライヤーだとナット舐めまくりでちょっと鈍くささが際立ち過ぎてしまう。
パッキンの寸法も確認しないといけないし、手洗い水に行くパイプのゴム管も大分経年劣化して触るだけで手が真っ黒になるし、そろそろ交換だろうなあ。
今度の日曜日にでもやるか。

心拍センサーを新調した件について

 新しい心拍センサーを導入しました。
 昨年12月にウェアラブル活動計を導入しまして、それが心拍計にも対応しているとのことだったので、いつものまた悪いクセが出てきてしまったのです。
 そうです、例の「測れるものは何でも測ってみたい」アレです。
 ところが、いままで使ってた心拍センサーが対応していなかったので、新しいのを買ってしまいました。今日はそんな感じでウェアラブル活動計と心拍センサーの使い心地をいっぺんにレビューしたいと思います。

なぜ新しくセンサーを買ったのか

ウェアラブル活動計

 昨年11月に10,000歩/日を達成しまして(30万歩/月)、自分へのご褒美として前々から欲しかったウェアラブル活動計をかったのです。
 いままでも歩数計は持っていたのですが1

  • 自分の1日の行動が分かるような2
  • 活動量がわかるようなモノで
  • 身につけやすい

ウェアラブル活動計が気になってたんですよね~。

で、いろいろ見聞きして一番安くて、操作が簡単そうだったコレに決めました。

心臓が止まっているのではないか

で、最初は毎日どんくらい歩いてるかな~、とか、睡眠時間+睡眠の深さが分かるなんてすごいな~、と思ってたんですが、だんだんと心拍も測れるんだなあ、測れるのか・・・・・・、測りたい・・・・・・、
測らないと死ぬ!心臓が止まっているかもしれへん!今すぐ測らんと!!!
となってしまいまして・・・・・・。

なんで心拍を測るんやて

まあ、冗談はさておき、
心拍をモニターする理由は、運動強度を定量化・可視化することで、自分の運動の状態を監視しながら、無理をしないで心肺機能の向上を図りたかったり、必要充分な運動ができているかどうか、効率を上げられないかと思って、ここ7~8年続けていたのです。

そんなわけで別売りの心拍センサーを購入したのです。
キャットアイ(CAT EYE) HR-11 [ANT+2.4GHzデジタル] 心拍センサー
キャットアイ(CAT EYE)
売り上げランキング: 3,927

純正品、というか、ガーミンのセンサーは高かったので、同じ規格のANT+対応で一番安かったキャットアイのこいつに決めました。

参考:

ガーミン(GARMIN) プレミアムハートレートセンサー 1099710
ガーミン
売り上げランキング: 23,663
使えた!

やっぱり同じ規格だけに普通に使えました。
特に難しいこともなく、着ければそのまま測定始まります。
手首で脈拍を測りながら、ホントに測れてるかどうか確認してみましたが、そこそこ本当っぽい数字が出てくるので間違いはなさそうです(こんなモノに正確性を求めすぎるのはどうかしている)。

イマイチなとこ

実を言うと、いままではポラール(Polar)の心拍モニターを使っていたのです。
サイクルコンピュータもポラールなので今も使っているんですけど。
どうしてもアレと比べてしまって、気に入らないところもいくつかありました。

ウェアラブル活動計
データの取り込みに失敗が多い

スマホとはBluetoothで、PCではANT+で同期するんですが、なぜか一発で同期出来た例しがない。
この辺はソフトのアップデートに期待で良いんでしょうか。

心拍モニターとしては弱い

機能的に。
特定のゾーンから外れたり、Max超えたりすると警告して欲しかったりするんですけど、やはり、というか、心拍モニタの機能がオマケ程度なので、過度の期待は禁物でした。
ソフト側も、ポラールのようにトレーニング向けになっていないので、心肺機能の向上が目的ならば、専用の製品を使う方が良いと思いました。こいつはあくまでフィットネス向けというか、ライフログって感じでしょうか。

心拍センサー
着け心地がなあ・・・

ポラールのセンサーは布製なんです。でも、キャットアイのセンサーは電極のところが樹脂なので(他の部分は布)、肌に貼りつく感じが好みが分かれそうですよ、これは。

よかったこと

とにかく気軽

ふだんから手首にウェアラブルを着けているので、風呂入るときも、寝るときも、もう気にならなくなってきたので、後は心拍センサーをおっぱい周りに(本当はみぞおちの辺り)着けるだけなので、手軽。
これは相当重要なことだと思います。
心拍センサーだけ着けて、コンピュータを家に置いて出ることがしょっちゅうあったので、これはもう革命的な手軽さだといえます。

もっとこうしたらよかったのに→次はこうする

こうだったらよかった・こんなん欲しかった
タイムスタンプ機能
時間を書き留めておきたいときにあると便利なんです。
同期が失敗しないようにしたい
たびたび失敗して時間がかかりすぎて面倒くさいので。
心拍センサーに互換性があればよかったのに
これはもういろんな規格が乱立しすぎて・・・・・・。古い機種は仕方ないかもしれないんですけど。
GPS
どこに行ったか、どう動いたか記録できると面白いと思います。
ウェアラブル側に心拍センサー
手首で測る心拍計も良いなあ、思ったり。
次はこうする

バンドの色を変えたい
もっといろんなことができる端末の方がよかったかも

結論

買ってよかった。
楽で手軽で良いけど、心拍モニターはオマケくらいでこんなことをしたらインプロセスのフィードバックを期待しないで、こんな動きをしたら心拍はこう変わる。くらいで考えれば良いのではないでしょうか。

  1. ニンテンドーDSのヤツとか、コナミのヤツ []
  2. ライフログとかいうらしいです []

あけましておめでとうございます(今年の目標とか)

ほんまにめでたいのか

今年の目標

・ブログ毎週更新
・痩せる
・本を読む

ブログ毎週更新

曜日は特に決めません。毎週更新を目指します。

痩せる

減量します。食事制限+運動体重、目標 -9.0kg (体脂肪率 -10.0% こっちは努力目標)

本を読む

よく読み、よく書こうと思う。

 

数値目標を書いたらちょっと自分に重圧がかかる。

インターネットが壊れた

無線LANルーターが買って2ヶ月で壊れた。
最近の電化製品ってけっこう壊れやすいと思いませんか。

症状

  • 無線が飛ばない
  • 本体から高熱を発する
  • 有線もたまに切れちゃう

どうにもこうにも、お手上げですよ…。

 

結果

余裕で保証期間内なので修理に出した
修理から帰ってくると、新品に交換されていた。基盤故障とのこと
修理している間、不便なのでもう1台買った。それほど高額でもないので。
ちなみにコレ。

BUFFALO QRsetup 11n/g/b 300Mbps 無線LAN親機 WHR-300HP2/N
バッファロー (2013-12-28)
売り上げランキング: 9

転用

1台余ったので、中継器として使う。
中継器にTVとかBDレコーダーとかつないでみる(有線)
なにが出来るか分からなかった
出来てもたいしたことないものばかり

インターネットはもう生活の一部

インターネットは無くてはならなくなってしまった
インターネットがないといろいろ不便を感じてしまって、
生活に支障を来すようになってしまった。
これって依存?

次買い換えるなら

次はもっと頑丈で速い奴(高額)に買い換えたい。

ブログ引っ越しの経緯

ヴァレ・マルテッロ!(声に出して読みたい)

 

完全にこっちサイドの話で恐縮ですが、10数年借りてたサーバーから新しいサーバーに引っ越しました。

いままでの不満

  • サポートがイマイチ
  • できることが少ない
  • ちょっと高額

これまでいたところも安定してましたし、悪くは無かったんですがもひとつぱっとしなかったので思い切って決断しました。

あと、更新期限の随分前にサーバー上のデータを消されたのも引き金になりました。

こういうことされるとホントやる気を失う。

おかげでいままでのブログの設定が全部消えて一からやり直す羽目になりました。

一からやり直すなら、別の所の方が良いのではないか。と。

 

どのように新サーバーを選んだか

  • いままでよりも安いこと
  • いままでよりもできることが多いこと
  • 独自ドメイン持ち込みができること(ココ大事)

いろいろ加味しまして、新しいサーバーを借りることにしました。

料金もいままでよりも年間2,000円ほど安くなって、ブログの設定も簡単(と言ってもいろいろ不具合は出る)なので、当面はここでやっていくことにします。

いままでのサーバーで独自ドメインを取得していたので、そこも対応してくれるプロバイダを探しました。

 

やったこと

  1. 新サーバー申し込み
  2. ブログ設定
  3. 過去の記事を新ブログにインポート
  4. ドメイン移行

とりあえず1~3は余裕でした。

4.ドメイン移行はなんというか、手間がかかりました。

と言ってもほとんどこっちで作業はしていないのですが。

ドメイン移行申請(新サーバー)→申請不承認(旧サーバー)→旧サーバーに転出依頼→承認→再申請(新サーバー)ってやっているうちに3週間くらい経っていました。

しかも、新サーバーでなにして良いかも分からず、2,3日放置してたし。

とはいえ、めでたく引っ越しが完了しました。

実作業はもっと細かくて、ブログのデザインを決めたり、SNSと連携したり、諸々あるんですが、省略省略。

 

どんな風なブログにしていくか

コンセプト的な感じとしては、

  • 情報発信…自分の考え、気持ちを伝える
  • つながる…面識のある人に見つけてもらう、もっと知ってもらう
  • 記録する…活動したこと、興味あること、調べたこと、覚えておきたいこと

みたいな風に行きたいと思います。

 

残った課題

  • RSSタイトル重複してるっぽい
  • Facebookに流すときのテンプレートがなんかイマイチ

他にもあるかもしれませんが、とりあえず追々直していきます。

 

そんなわけでこれからもよろしくお願いします。

それでは皆さん、トゥールマレー(峠)。

柿谷よりハーフナーの方が良かったのではないか

代表が発表になりました。

我がハーフナーは残念ながら落選してしまいました。

なぜか。

データから見てみたいと思います。

 

柿谷 曜一朗 (セレッソ大阪) 1990.01.03

ザックジャパン:9試合出場 7スタメン 4ゴール 2アシスト

J1:12試合出場 12スタメン 1ゴール

引用元: W杯日本代表メンバーと主な落選選手一覧 | Football LAB ~ サッカーをデータで楽しむ.

 

ハーフナー マイク (フィテッセ) 1987.05.20

ザックジャパン:17試合出場 6スタメン 4ゴール 0アシスト

引用元: W杯日本代表メンバーと主な落選選手一覧 | Football LAB ~ サッカーをデータで楽しむ.

 

最近選ばれ始めた柿谷の方が(何故か)たくさんスタメンで起用されています。

起用方法とか全然違うと思いますが、1トップ候補と言うことで比較したいと思います。

データからいうと柿谷の方が周りを活かして、ゲームを作るタイプ。対してハーフナーはジョーカー的な起用でパワープレイで使われている感じします。

ゴール数は両方とも同じで柿谷の方がアシスト数が多いことからもうかがえます。

けど、

おんなじようなタイプをいくら揃えても勝てないんじゃあ仕方ない。

なりふり構わず放り込む展開になったらどうするんでしょうか。

そんな状況になる前に点差を付けられてやる気を失っちゃうんでしょうか。

終わってから、ハーフナーが居れば…ってならないようにして欲しいと思います。

 

北アイルランドでのジロ・デ・イタリア、ダブリン到着数時間前に時限爆弾発見、解体

第3ステージ、選手たちがダブリンの街へとゴールするほんの数時間前、ダブリンの市街地のホテル近くでは軍特殊部隊による時限爆弾の解体作業が行われていた。車に仕掛けられた手製の50ポンドクラス(23kg)”ミルク缶爆弾”は、殺傷能力どころか付近一帯を吹き飛ばせるほどの規模のものだった。

引用元: 熱狂的だった北アイルランドでのジロ・デ・イタリア、その裏では選手たちがダブリン到着数時間前に時限爆弾発見、解体という現実、いまだに終わっていない紛争の現実 : CYCLINGTIME.com.

 

まだまだあっちこっちに国境の問題があるなあ。

別に最初から線が引いてあったわけじゃ無いんだけど。

 

時事ネタ

船木~!船木~!(原田)

こんな記事見ました。

さんま 国税局に怒鳴り込んだ過去「人殺しを助けるために働いてるんじゃない」 (デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

「ものすごい国のために働いて。だいたい4月くらいからタダ働きになるような。5月くらいから人のためにしゃべってるような気がする。ぼくは昔、日本からアメリカに、戦争のためにアメリカに寄付するということがあった時、さすがに怒って国税局に行ったんですよ」と明かした。すると、スタジオ観覧者から「えーっ」と驚きの声が上がった。

 さんまは続けて、「俺は戦争のためとか、人殺しをアシストするために働いてるんじゃないって。そのために税金を納めてるんじゃないって言いにいったんです」と税金の使い道に納得がいかず、国税局の担当者と直談判した過去を告白。しかし担当者は「それ言われても国の決まりなんで、どうしようもないんです」と答えられ、さんまも「こちらこそすいませんでした」と出されたコーヒーを飲んで帰ったという。

流石にネタだと思うんですが、政策について国税局に言いに行くっていうのはおもろいなと。
どこでもカネを握ってるヒトが発言権があるのが資本主義経済の原則やしね。
ただ、さんま氏ほどの人物が、ホントに唸るほどのカネを使って政党を支持したらおもろいことになるんだろうなあとちょっと思った。

戦争は良くないよね!

本当は葛西!(さようならの挨拶)

]]>