ですます調だから丁寧とは限らないのではないか

ですます調が良いのか、だである調が良いのか分からない。

出だしの言葉も決まらない。
締めの言葉も決めておきたい。

お約束みたいなことを決めておくだけで、ずいぶん書くことが楽になるのではないかと思って。
ですます調だと、なんとなく柔らかい感じがして、読むヒトもやんわり読んでくれそうかなあと期待しています。
でも、ですます調だからといって、中身が丁寧かどうかはあんまり関係なくて、やっぱり、読むヒトの気持ちになって伝えたいことがちゃんと伝わるようにかけたら良いなあ、と思っているのです。

毎日毎日、なんとなく伝わらないなあと思って過ごしているのです。
コツコツやるしかないのですよねえ。