北アイルランドでのジロ・デ・イタリア、ダブリン到着数時間前に時限爆弾発見、解体

第3ステージ、選手たちがダブリンの街へとゴールするほんの数時間前、ダブリンの市街地のホテル近くでは軍特殊部隊による時限爆弾の解体作業が行われていた。車に仕掛けられた手製の50ポンドクラス(23kg)”ミルク缶爆弾”は、殺傷能力どころか付近一帯を吹き飛ばせるほどの規模のものだった。

引用元: 熱狂的だった北アイルランドでのジロ・デ・イタリア、その裏では選手たちがダブリン到着数時間前に時限爆弾発見、解体という現実、いまだに終わっていない紛争の現実 : CYCLINGTIME.com.

 

まだまだあっちこっちに国境の問題があるなあ。

別に最初から線が引いてあったわけじゃ無いんだけど。