メイン

書評 アーカイブ

2008年08月16日

連休中に読んだ本

連休どうでした?
ぼくはずっと家にいて、五輪みたり、本読んだり、工作したり、ラジバンダリ。

そんなわけで、

読んだ本

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
 ★★★★★
 映画『ブレードランナー』の原作。
 なんか、読んでるこっちまでおかしくなりそうだったけど、
 良い話だった。傑作。
AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)
 ★★★☆☆
 フルタイトルを書きたくないほどライトノベル。
 痛い、イタ面白かった。
人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)
 ★★★☆☆
 上の著者と同じ。3作目でやっとSFっぽくなって面白かった。
プリズン・ストーリーズ (新潮文庫 ア 5-27)
 ★★★☆☆
 刑務所にぶち込まれた政治家が塀の中で聞いてきた話をまとめた本。
 転んでもタダでは起きないって言うか、がっちり系。
 いろいろためになったネー。 

読んでる中

小学生日記 (角川文庫)
たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)
仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書 や 5-1)
 仕事は出来なくても良いから、筋トレ続ける方法が知りたい。

読みたかった本

西の魔女が死んだ (新潮文庫)
 まあ、流行モノはね。
死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
 伊坂幸太郎だし。
デカルトの密室 (新潮文庫 せ 9-6)
 セナだし、パラサイトだし。

まとめ

もっと本を読むべき。
ちょっとした空き時間にも読める本を。

2009年04月04日

ウチの一家が雑誌に載りました

日経トレンディ5月号に載りました。
36ページに載ってます。
面識のある人は一撃でわかると思う。
あと、安近短レジャー特集なので、GWにどっか行きたい人はためになると思います。
上のリンクをクリックだ!
ウチは5冊かって親戚に配ったぜ!

2009年05月01日

夢の一人旅

子どもの頃から一人旅にあこがれていて、いろんな本を読んだりしている。
椎名誠やら、深夜特急やらが大好きだった。

BBB―15万円ぽっちワールドフットボール観戦旅
竹田 聡一郎
講談社
売り上げランキング: 127027

今回はこの本。とても面白かった。
15万円でヨーロッパなどのサッカーを観戦しようという無謀な試み。
なんと航空券、宿泊費込み。
会社の誰だったかが、プレミアのプラチナチケットで30万円/人と言っていたのを思い出した。
まったく真逆の発想。
同世代の元Jリーグユース出身の著者は世界のあっちこっちでボールを蹴っている。
特にブラジルで地元の人たちにこてんぱんにやられる様子は読んでてなんか情けなくなる。けど、心から応援したくなる。
そんなサポーター魂を思い起こさせてくれる1冊だった。

2009年05月03日

京都に関する晴耕雨読

妻の実家に帰省した。

山梨の山奥だ。
ほぼ八ヶ岳と南アルプスの尾根伝いといっても差し支えないほどの山中だ。

妻の母、つまり僕にとっては義母だけど、の実家は豪農で、毎年娘たちを連れて苗代の手伝いをさせてもらっている。
普段は出来ない農業体験に、僕自身も思いが新たになる。
ちなみに苗代とは、イネの種まきみたいなものだ。
種をまかねば、収穫はない。
そんな当たり前のことさえ忘れがちな日常で、なんでもあっという間に作ろうとする商売柄、一番重要なものを思い出させてくれる尊い労働だ。
そのためにGWは山梨に帰ることにしている。

晴耕雨読

今年も手伝いは無事終わり、昼間っから酒を飲む休日だ。
田んぼが終われば本を読む。
昔の人は晴耕雨読といった。
間違えた。
晴れても何でも本が読みたいのだよ。

テーマ:京都

で、今年の休みはテーマを持って臨んだ。
今回は「京都」。
やっぱりというか、なんと言うか、積読本のなかには京阪奈に関する本が多かったので、2冊選んで持っていった。

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)
森見 登美彦
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 405

面白キモかった。
ストーカーの話。
って書くと語弊があるが、なかなか告白できないくせにやたら行動力のある学生さんの話。
ヒロインの「黒髪の乙女」は表紙の絵でイメージするとかわいい感じだけど、手がかりが何もないと何が良いのかわからない。
でも、非常に個性的な文体と、本当に独特の世界観で物語としてとても面白いので必読。
著者は奈良県出身。京都・奈良方面の人は読んでおいて間違いはない。


鴨川ホルモー (角川文庫)
万城目 学
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 374

で、「鹿男あをによし」の記憶もまだ新しい万城目学のデビュー作。
映画化されたらしい。
こっちもなんだかオカルトチックで不思議な世界観の京都の大学生が主人公の面白小説。
コレは完全にやられた。
最後そう来るかっていう終わり方。面白いので読むなりなんなりしてみて。

まとめ
  • やっぱり人間は地に足をつけて、将来に向けて種をまかないといかん。
  • ふわふわした感じが好きなら、上記2冊を読んで現実逃避すべし。
  • 連休もあともう少し、現実逃避もコレまでか。

2009年05月04日

波切り草

波切り草 (文春文庫)
波切り草 (文春文庫)
posted with amazlet at 09.05.05
椎名 誠
文藝春秋
売り上げランキング: 21651

椎名誠の小説はいつも緩急があって、のんびりしたり、ハラハラしたりして面白い。
この本もやっぱりのんびりしてて、クライマックスでドキワクして、楽しかった。
で、最後にあの展開。
すごい。
すごいの一言。
読んで共有して欲しい。

2010年01月16日

サクリファイス読んだ

サクリファイス
サクリファイス
posted with amazlet at 10.01.16
近藤 史恵
新潮社
売り上げランキング: 13738

面白かった。以下感想。


  • 普通の自転車ロードレースが題材のベタな青春小説と思って読むヤツはバカ!(おすぎ)
  • チームメイト(エース)にまつわる黒いウワサと、それにまつわる主人公(アシスト)の心の中の葛藤が。どうなの?
  • 正直、冒頭にショッキングなシーンがあるので心臓が弱いヤツは読まない方が良いよ。
  • 気にしたこと無かったけど、結構危険な乗り物だなあ、自転車って。

で、エースとか、アシストとかそこまでか。と思っていたけど、これはもう、選手個人の考えになってしまうんだろうけど、自分はアシストが良いよっていう人はやっぱりいると思うし、そういう仕事が仕事としてある以上はそういう道がやっぱりあるんだな。とチームで走ったこと無いので想像する。
その辺はフォワードに対するミッドフィールダーみたいなものだろうか。

ということで、もうすぐ文庫版も出るみたいなので要チェックです。

2010年03月13日

「こぐこぐ自転車」読んだ。

こぐこぐ自転車
こぐこぐ自転車
posted with amazlet at 10.03.13
伊藤 礼
平凡社
売り上げランキング: 15037

なめていた。
爺さんだからといって、ポタリング程度だろうと思いきや、北海道にツーリングだなんて、仕事を引退したヒトにしかできない。
70超えて峠を登るなんて、普通の人にはできないことをえらく卑屈に、謙遜混じりに書いてしまうあたり、さすがチャタレイ夫人の翻訳者といったところか。

コレを読んで、僕も爺さんになるまで自転車に乗り続けたい。と思うようになった。
あと、自転車にこだわるのは悪いことじゃないかも。とも思った。


気に入った一節

自転車のいいのは、目的地をピカピカ光らせてくれるところにある。

2013年09月30日

2013年09月に読んだ本

クリス智子!(挨拶)

漫画ばっかり読んでいます。
今月は豊作です。

こめだの本棚 - 2013年09月 (26作品)
予襲復讐
読了日:09月03日
{book['rank']

powered by booklog

あなたの心に響く作品はあったでしょうか。
それでは皆さん、トゥールマレー(峠)。

2013年10月31日

2013年10月に読んだ本

 レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン !(挨拶)
1ヶ月ぶりのご無沙汰です。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。
僕は絶・不調です。いやマジで。

今月は漫画しか読めなかったなあ。
でも良作ぞろいで大変満足ではなかったでしょうか。

こめだの本棚 - 2013年10月 (14作品)
powered by booklog

そんなわけでみなさんも読書の秋を楽しんでください。
それではみなさんトゥールマレー!(峠)

2014年01月20日

2013年12月に読んだ本

僕の中のリトルこめだに訊いたんです(挨拶)。
忘れとりましたばい。
年末はだいぶ読みました。
良い本ありました。

こめだの本棚 - 2013年12月 (27作品)
KAMINOGE vol.24
読了日:12月31日
評価3

powered by booklog

2014年02月01日

2014年01月に読んだ本

エクアドル・たかじん・波平・・・(挨拶)

もっと読んだように思ったけど、意外と読んでなかった。

こめだの本棚 - 2014年01月 (25作品)
このマンガがすごい! 2014
読了日:01月25日
評価2

powered by booklog

About 書評

ブログ「Inua Spirit」のカテゴリ「書評」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは日記です。

次のカテゴリは運動です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34